マスカラやパーマの欠点

太く長くフサフサしているまつ毛は、女性の永遠のテーマです。化粧品のCMなどで見る外国人女性が、溜め息の出るほど美しく見えるのは、まつげの影響も大きいですよね。
日本人の睫毛は本数が少なくて短いといわれていますが、できれば少しでもまつ毛を増やし、長く太く見せたいものですね。

 

より美しい睫毛にするために多くの女性は努力をします。アイメイクをしたりパーマをかけたり、そしてエクステを施すなど…、美を追究する女性の努力は大変に素晴らしいものです。

 

しかし、そうした手段のアイテムにはやや欠点があります。

 

マスカラを毎日塗る人は多くいますが、塗ることによって睫毛に負担が掛かっています。また、より濃く長く見せる目的で、重ね塗りをする人もいるのではないでしょうか。
そのように効果的に見せるために、マスカラを丹念に塗れば塗るほど、クレンジングも丁寧にしなければいけません。
デリケートな目元に対して、そうした行為を毎日繰り返すと、まつ毛だけではなく目元自体にも大きなダメージとなるのです。

 

そして、パーマやエクステなども同様です。1度かけたら永遠なものではなく、両者とも1カ月~2カ月ほどの持続力です。ですので、これもまた定期的に行う必要が出てくるし、同じく睫毛に負担が掛かってしまいます。
また、それらは値段もピンからキリまであり、あまり安すぎると信用問題につながります。そして施術者の腕が悪いと不安材料になりますよね。

 

目元メイクは、女性にとってとても重要です。まつ毛に負担がかかるといっても必要であるといえます。
しかし、それを放っておくのはお薦めできません。

 

そのために、睫毛ケアをすることは大切です。

 

まつげ美容が注目されている中、さまざまな効果のある美容液が存在します。毎日継続して使うことにより、まつ毛に栄養を与え保護し育毛するなど、トータルにケアをしてくれます。

 

「負担をかけてしまう睫毛だからこそケアをする」このような考えで、スキンケアと同じように睫毛ケアをしている人が増えてきています。
そして、睫毛ケアをしていく内に睫毛にハリ・コシがでて、「自まつげだけで勝負できる!」と自信が持てた人もいるのです。

PAGETOP