上手な選び方

選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえて選ぶと良いでしょう。

 

ダメージ補修成分が入っているか?

eyelash-curlerまつげも体毛なので、頭髪と同じように紫外線や

乾燥などでダメージを受けます。

その上、ビューラーやエクステ、

パーマなどでダメージを受けている場合は、

ダメージ補修できることが最低条件ですね。

 

育毛効果や発毛効果があるか?

人気ランキングやベストコスメランキングなどの

上位人気の多くは、夜用です。

これらの夜用の商品には新陳代謝に合わせて

brown-alga-extract髪の発毛や育毛を促進してくれる成分が

たっぷりと配合されている事が多いので、

寝ている間に短くてヨレヨレで疎らでも

ボリュームアップして1本1本が長く育毛されていきます。

 

低刺激かどうか

どんなにランキング上位に入っていても

肌トラブルを引き起こしてしまったのでは意味がありません。

もともとデリケートで繊細な付け根の部分に

塗布するタイプのものは出来るだけ低刺激で

肌への負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

低刺激なものですと、万が一目に入っても

痛くないほどマイルドなものもたくさんありますから、

敏感肌の人はそうしたアイテムを選ぶのも良いでしょう。

クチコミやランキングなどをチェックして、

ツンとしたニオイがするような感想を持つ人が多いアイテムは、

敏感肌の人は避けた方が無難かもしれませんね。

 

選び方で迷う育毛剤の違い

美容液もあれば、育毛剤もあることに発見している人もいるかもしれませんが、

美容液と育毛剤の違いはどういった点にあるのでしょうか。

広告の商品説明をみたりすると、まつげを伸ばしたり太くする、

濃くする、ふさふさにする、増やす、育毛する、抜け毛を減らすなどが書かれているので、

これは美容液の効果なのか、それとも育毛剤の効果なのかはっきりとわからないことが多いでしょう。

 

これははっきりとさせるのはちょっと難しいかもしれませんが、

分けるとすればこのように分けることができますので選び方を紹介しますね。

 

まず、育毛剤は、毛根、細胞、発毛を促進する成分が入っているとか、

毛周期を早める働き、量を増やす働きがあるとされています。

ですからスカスカとまばらだった部分に付ければ生えてくるのが

特徴なので選び方には迷わないでしょう。

 

そして美容液は全く無いところからの発毛ではなく、

ある程度生えている状態からの発毛で、

ダメージの修復などが一般的な効果です。

また栄養分を与えてくれる成分が入っているのも特徴ですね。

 

育毛剤なのか美容液なのか、若干効果は違って感じられるのは

選び方の段階で間違っているからなんですね。

どちらがいいのか自分の目的にあった選び方をしましょう。
footer

 

PAGETOP