まつ毛の生え変わり周期

人間の体毛には「毛周期」と呼ばれる、毛が生えかわるサイクルがあります。

毛の生えかわりと聞いて思い浮かぶのが頭髪という人は多いことでしょう。

もちろん頭髪も人間の体毛の代表とされるものですが、

その他にも顔や脇の下など、部位ごとに毛というものはあり、

それぞれの部位で生えかわるサイクルは違うのです。

 

毛は段階を踏みながら、成長し抜け落ちてるというサイクルをもっています。

 

毛を成長させる栄養分を受けて分裂している細胞を「毛母細胞」と呼びますが、

まずその毛母細胞が分裂を始めます。

分裂を始めると皮膚の下で新しい毛が伸び始めます。

そしてその毛は、毛細血管から栄養素を取り込みながら上へ伸び、表皮に出てきます。

やがて毛母細胞の分裂が止まると毛乳頭と毛の結合が緩み、

毛は上へと押し上げられます。さらにそれが完全に離れて自然に抜け落ちるのです。

 

そのように、体毛はサイクルを繰り返していますが、その中の1つに「睫毛」があります。

睫毛は1日で約0.18cm伸びると言われ、スピードとしてはやや遅いほうです。

生えかわりは2週間から3カ月と、毛周期が短いといわれている体毛です。

 

毛周期が2年から6年である頭髪と比べると、周期はとても短く、

また頭髪のように伸び続けるわけでもありません。

大半の女性は、ある程度の長さの睫毛をどう見せるか?

という面において努力をしていることでしょう。

 

毛周期によって一定の長さにしかならないまつげをアイメイクなどで

長く太くしている人も少なくありません。

しかし、毎日のようにダメージを与え続けて酷使していると、傷みの原因にもなります。

そこで、根本的に改善する人も増えているのです。

 

近年まつげ美容液という、睫毛に栄養を与える方法も注目されています。

この美容液を毎日使用することによって、疲れている睫毛を健康的に蘇ることができます。

また、ハリや艶を戻すことによって若々しい印象の目元になった人もたくさんいると言われています。

 

まつ毛は目立つものではないように見えますが、とても重要な役割を担っています。

人の顔を一瞬でも見る時の、まつ毛の存在感はとても大きなものですよね。

短い生え変わり周期だからこそ、まつげ美容液などでケアしながら

理想のまつ毛を維持してみませんか?

PAGETOP